雑記 - 2016年04月19日

 介在する矜持。あなたは誰でもなく,それらは目的でもなく,いくつかの期間や,句点,セクションやエピソード,テーマ,および私たちのために残された表現である。
 消費するオブジェクトだけが敵である。コピーで何かを生み出す人は,文脈が汲み出す努力を行う。私たちは模倣から出発し,模倣のための努力をし,現在,独創力の断片も改めて持たない万物にも問いかけ,それを作品と公表し続けている。(!)

 私が知る限り,彼女もそれについて話していた。予備の,かつ豊富な知識量,突破した物語,無数の現象は有機的に連動し,私は言う,いつ生まれながらの規範が巨大な学習であったかのように,および(何か),および基礎,および思考は,知識が線を描き,いくつかが偶然に重なり,取るに足りない力のための説明は不安定で,表面化している。冷笑は美徳。

 何も考えず話すことは多義的な嘘であり,多くの人は個人のために自身を勝ち取り,認識の下で,彼ら自身にとって論理的に考えた結果を話し,それは同時に彼ら自身にとっての全てでもある。思慮のなさによってほとんどの人を考慮できない私たちも,ただ普通の人である。

 奇抜は敵であり,平凡は最も鋭き剣である。凡庸は良き優秀な仲介者であり,それはすべてを変更するためでしかなく,その前でたった今映し出されたものは,能力を比較することが出来ることに怯え,目新しさは方法のように語られる。

 現実の外に創作を選び,創作の外に現実を選ぶ。私はいつも標準の真実が好都合であると思うが,彼らがそれについて話しているとき,2倍は真実である。悲痛な叫びにも聞こえるが,私はそもそもの結果としてそにょうな不安定さ,苦悶,脱出,および汚物によりカバーされた沼地の底に作り上げられると,一方では考えている。
この記事へのコメント
まるで人工知能が書いた文のようだ
Posted by at 2016年04月20日


 たまには意味不明な文章書かねぇと頭がパァになるなと思いました。
Posted by モスー at 2016年04月20日


貴方は彼女を表現し続けますか?
Posted by at 2016年04月20日


 前提は無意味な文字列であり,無価値で,中途段階こそ好まれています。
 彼女は,曖昧な考えと第三者により判断する言語であるものの,私はすべての後に判断することができるわけではなく,現実に女性であるか,私であるかどうかにかかわらず,それは,性別を持つことができるのか,また何かによって表現される必要があることなのか,わかりません。
 また,生を制限された宇宙について,納得させるようにする責務であると言われている事くらいは出来ます。そのためには,彼女の存在が不適切であるとも言えます。
 たとえ表面のトレースが断じられても,それらが悪いのか,得られた結果の元,おおよその要点を分類することは,大多数の人間にとって行為の意味が存在せず,それと同じくらい非常に難しいでしょう。違う彼女ですが,私が言う彼女は,私達に与えられず,生の達成は実現されるか,結実,悲願でしょう。
Posted by モスー at 2016年04月20日


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: