windows7のエクスプローラの挙動で納得が行かないランキング第1位 - 2016年04月21日

 第一回Windows7の不快な操作選手権第一位は……?
 「フォルダを開こうとしてやっぱやめて別のフォルダを開こうとするともう一個ウィンドウが開く」「一覧では文字列幅がクリック判定になっているのに詳細にすると行全体が判定になる」「デフォルトで容量が表示されない」「バックスペースが『戻る』とかいう謎の操作になっている」などの強豪を抑え……

 「デスクトップアイコンの当たり判定が見た目より大きい」が堂々の優勝を果たしました。
無題.png

 優勝の決め手は,単純な使い勝手の悪さに加え,ドラッグ時は当たり判定が別に計算されているというユーザビリティ(対象:俺)を無視したデザインになっている所が評価されました。


 審査員のモスーさんは今回の授賞について「クリックしたいアイコンの隣をクリックしてしまったり,範囲選択をしたいのにどうでもいいアイコンをドラッグする事を頻発させ,PCを破壊したい衝動に何度も駆られた。Windows8や10も触った事はあるが,Windowsは我々を甘やかしすぎたのかもしれない。Windows10に更新しても大して利用感は変わらないので早い所アップデートしてしまった方が良いというが,Windows98以後,我々は多数のソフトの屍を積み上げる事で同時に未来を築き上げてきた。PCの中には起動しなくなったゲームが山のように積まれている。もうこれ以上悲しい犠牲を生みたくない。あと古いゲームを起動するために仮想OSを入れたりPC98実機を置き続けるのがしんどい。そもそもWindowsXPの時点で……」等と意味不明な供述をしており
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: