人にものをすすめる - 2016年05月04日

 人にものを勧めることって誰にでも大なり小なり経験があると思います。僕もよく人にものを勧めます。あんまり信頼されてない事が多いですけど(わからん)。
 人にものを勧めるに当たって最も危惧すべきなのは何が良いのかをわかって貰えないという事です。そして他人の時間というのは自分に比べて大変有限の度合いが高い場合がほとんどなので(他人の時間のうち,「自分のために使ってもらう時間」を作ってもらうため),そういう事が続くと自分のために使ってもらえる時間は減ります。信頼度ですね。僕の周りには僕に対する信頼度がめちゃ低い人が多いのですがもしかしたら僕が被害妄想してるだけでお勧めしたら案外素直に聞いてくれるのかもしれません。よく考えたら否定される事が怖くてそんなにお勧めしてないかもしれない最近。

 良いもの,気に入っているものを勧める時に,「これが良いのはわかるけど,自分は面白いとは思わない」みたいな返答が来るのは別にぜんぜんかまわないことだと思っています。個人的には良い/悪い,好き/嫌いは別の問題で,つまらんけど好き,全てが良くできてるけど嫌い,みたいな認識の仕方をします。良いものを良いものであるという価値観を共有出来るのはまぁ幸せな結末でしょう。
 良いし好きだと思っているものをつまらんし好かんと評価された場合,良いと思っている自信の信頼性は揺らぎますが,それを好きだと思っている限り自分自身の思想,嗜好,そういったものへの自信には特に影響はないでしょう。虎くんも好きなものに自信を持てって言ってました。

 良いと思ってもらえない経路がなかなか曲者で,たとえば単純に自分が最高だと思っているものをお勧めしてその場で触れてもらったけど反応が芳しくない,みたいな奴はそんなに悪くなくて,良いと思ったものを勧めたら別のシリーズから手を出したとか,勧められた記憶が脳の片隅に保持されたままある程度の時間が流れて,結構違和感ある状態になったものに触られてなんか違うなーってなった時,「うう,いや,俺が言いたいのはそういう事じゃないんだよ,うう〜」とふわっとした言い訳したりしませんか?(僕はします) あと初心者向けとか言って実はそんなに好きじゃないシリーズの奴を押し付けたらまたなんか微妙な雰囲気になったりして,ちょっとお前が好きな奴触ってみるわ,普通に面白いじゃねぇか何でこっちからやらせたんだよ,いや俺はつまらんと思ってるけど初心者向けに導入が良いかと思って,とかいうような感じになったりしませんか?(僕はします) じゃあ最初から一番気に入ってる奴を勧めりゃいいよなーってなりますよね。タイミングも大事ですね。しかし実際に触れるのは相手の気分と都合があるのでいろいろ難しいですね。

 一方でお勧めするに当たって,シリーズものだったりする場合って作品が持つ文脈ってあるじゃないですか。ただナンバリングが続いてるだけならともかく,その作家さんであるとかメーカーが持つ作品の背景とか,繋がりとか,もともと特定の狭いユーザーをターゲットに作ってあるとか,とにかく,「この作品がめちゃくちゃ好きで最高なんだけど,この作品を触れる前に前提として絶対に抑えてほしい文脈があって,それを無視した場合俺が楽しんでるのと同じ様に楽しめるかわからない」っていう状態,ありませんか?(僕はあります) わかりやすい例だと4クールアニメが顕著で,僕はアニメシリーズの途中から入ってもあんま気にしないで見れる人なんですが,それが正しい見方かっていうとシリーズである以上そういうわけでもないじゃないですか(たぶん)。続き物がどっかのタイミングでいきなり今はじめた人に向かって説明し始める事とかたまにあるので正しい見方なのかもしれませんけど。
 もう誰でもいいからお勧めしたい作品(作品のコミュニティの拡充をしたい作品),特定のグループにまとめてお伝えしたい作品(身内なんかで瞬間的に流行らせたい作品か,誰かとりあえずやればいいや程度の作品),ピンポイントな相手に消化にかかるコストを考えてお勧めしたい作品(良さを共有して今後熱心なファンにしていきたい作品)みたいな感じで区別してるのかもしれないですね。
 あと最近ばくち的な勧め方(最新作が出たタイミングや話題になったタイミングで過去の作品にも興味を持ってもらいたくて勧めるとか)が減った気もします。そもそももう触れないで欲しい,そっとしておいて欲しい,俺は好きな作品と心中するから,別に評価とかしないでいいみたいな生き方に徐々に寄ってきている気がします。

 あー何の話かわからなくなってきたので適当にまとめて終わるか。年食ってくると周りも年食った人が増えてきて,使えるお勧め銃弾の数が減ってきます。時間があっても立ち上がる気力が起こらないみたいな人がちらほら出てきて,僕もそうなんですけど,新しいことに取り組むやる気がグッと起こらなくなってきます。そういう中でものを勧めたり勧められたりして実際にやるのはだいぶ希少な経験になってきました,大事にしたいですねという話です。

 あと,僕は「人を選ぶ作品」とかいう気持ち悪い擬人化&責任転嫁行為が嫌いなので,この言葉を基本的には使わないんですが,人は作品に選ばれたいんでしょうか? このラブソングは私のことを歌っているんだわなどという妄想に耽るのはティーンエイジャーの特権だと思うのですが……。
この記事へのコメント

>タイミングも大事ですね
チンコ弄ってる最中だったらそっけなく返事するし、
アルコール入ってる時は内容を理解できてなかったりするからほんとそう。

>人を選ぶ作品
出だしから排泄音やフェラ音が当然のように効果音として使われて、
耐性のない視聴者をブラウザバックに追い込む動画なんかは人を選んでる感すごいある。
この試練に耐えた選ばれし者だけが先に進めるのだみたいな。

2,3分で終わる単発系の動画が気軽にURL貼りやすくて、
結構前からそういうのばっか人に薦めている気がする。
ゲームとか時間かかるやつはほんと勧めづらい。
CWの話題になってるときだと好きなシナとかさらっと薦められるんですけどね。

あとエロ画像とかもURL貼りやすいですね。
ゲームとちがって感想を求められないし。
3回抜いためっちゃ出たとかいちいち報告せんし。
Posted by ねこ at 2016年05月04日


 ほんまにひでえw
 いちお補足しとくとターゲットとか考えたり考えなかったりして作品を作るのは作者やし作品の消化を最終的に決定するのはユーザーだから作品が主体的に何かをする事はないって話やね
Posted by モスー at 2016年05月04日


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: