雑記 - 2016年05月26日

 最近,普通の人が頑張っても高みを臨めない,天才に及ばないという物語に美しさを感じるようになりました。努力友情勝利はひとつの美徳ではあるんですけど,努力や苦労は報われなくてはならないというのは双方向性である前提の考え方な気もします。

 で,何が良いのかというと,それがよくわかっていません。どちらかというと結果主義寄りなので過程にあまり興味なく,めっちゃがんばってるので良いみたいなのはあまり思ったことがありません。がんばったのでほめて欲しいという価値観の形成は大いに偏った生き方を招くきらいがありますが,日本の勤労は苦役に対価を支払っている向きがあるようにも思えます。親しい人や家族の前でいかに自分が苦労しているとアピールするかが自分の価値に繋がっていると見るような,この話は本筋に関係ないですね。

 かといって,もともとの素養が違うんだから勝つのが嘘っぽいみたいな,創作にリアルを求めているというわけでもないです(そもそもリアルという言葉が粗雑で,リアル,リアリティ,リアリズム,色々イメージが異なりますし,なんかこの話は前にした気がする)。大体あんまりリアルリアル言っていると凡人は土壇場で失敗するのが良いみたいな話になってしまいます。失敗するのとか見たくなくないですか。出来れば大成して欲しいでしょう。そもそも失敗の定義も怪しいところがあります。
 でも失敗するのが良いというのはちょっと近いかもしれません。基本的なストーリーラインを持つマンガって大詰めで失敗する事ってあんまりなくないですか。途中で冷や水かけられて勢いが衰える事はあっても基本的には前より加速したりしませんか。逆境に打ち勝ってこそ正義であるとか言われた経験ないですか。絶対に失敗出来ない場面は基本的に絶対に失敗せず,そういう局面でもしコケたら何が起こるのかとか知りたくないですか。いやしかしこれもちょっと違うかもしれないな。

 書きながらだと思考がまとまるかなーと思ったんですけどあんまりちゃんとまとまらなかったので,また今度。
この記事へのコメント
松本大洋のピンポンとかが近い例ですかね
Posted by at 2016年05月27日


 ピンポンは途中までしか見ておらず,よくわかっていません。機会があったら全部見たいのですが,スポーツものを読むのは苦手で難しいです。
Posted by モスー at 2016年05月27日


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: